トップ活動内容事後抄録入会案内リンクサイトマップ 会員入口
2021年度臨床歯科を語る会オンライン企画について
臨床歯科を語る会は1981年都ホテル東京で第1回が行われ、昨年40周年を迎えました。
一例報告を軸として深夜まで膝をつき合わせて真摯に語り合うというスタイルは昔も今も変わらずに引き継がれています。
しかしながらカリエスや歯周疾患に対しての歯牙保存の方法、欠損歯列に対する考え方などは時代の変遷とともに少しずつ変化が見られ、語る会発足当時や1990年代の語る会のトピックなどに興味を持っている若手会員の先生方も多数いらっしゃるのではないでしょうか?
今回の企画としましては、4名の歴代実行委員長にその当時にどのような話題について語られてきたのか、実行委員としての苦労話や裏話などをリレー形式でお話しいただければと考えております。

また金子先生におかれましては、2018年の臨床歯科を語る会で「補綴臨床の60年」というタイトルでご講演いただきました。
今回はスキーやヨット、旅行に写真など多種多様な対象へのあくなき探求の歴史を「ANOTHER STORY」というタイトルで約1時間お話しいただける予定となっております。
遊びの達人でもある金子先生の臨床以外の一面も伺い知ることができると思います。

参加ご希望の方は、当HP右の入会登録を行ってください。後日改めてメールにてzoomアドレスを送信致します。

日時:7月4日(日) 10:00〜13:00
演者:金子一芳 黒田昌彦 須貝昭弘 松井宏榮 千葉英史

                           実行委員一同

2020年度 臨床歯科を語る会は中止となりました。


2019年 第39回 臨床歯科を語る会事後抄録が完成しました。

2019年度 語る会のスナップ・フォトをアップしました。

 会員のページをご利用下さい。
  • 会員名簿(住所、メールアドレス等)のご確認をお願いいたします。
    (メニューバーの右端、会員入口よりログインして確認できます。)
  • プロフィールの更新:自分で住所、メールアドレス等の変更ができます。
  • その他の変更などは引き続き事務局へご連絡お願いします。
    語る会運営局

入会案内をご覧下さい。
・入会の申込み手続き

 2019年第39回臨床歯科を語る会事後抄録
  • 事後抄録39th号が完成しました。
  • 事後抄録のページから購入できます。
  • 会員:2,500円、一般:3,000円(税込)

  • 事後抄録のバックナンバー(2004年〜2017年)も販売しております。




Copyright (c)1981- 臨床歯科を語る会 All rights reserved.